写真は一例であり、
効果が出るまでには個人差があります。

どのような状態だとO脚なのか?


理想的な脚は、真っ直ぐ立って
両足のかかとをくっつけた時に、

左右の膝と足首の内側どうしが
ぴったりとつきます。

足首の内側どうしをくっつけた時、左右の膝の間が指2本以上離れているとO脚です。


膝の内側どうしはぴったりとつくのに、足首の内側どうしが
こぶし1個分離れるとX脚です。

なぜO脚になるの?


O脚は日常生活における繰り返しの動作によって起きます。

・足裏への荷重が偏って、脚の筋肉のバランスが崩れる。

・同じ体勢でいることが続いて
骨盤がゆがみ、膝が開いてしまう。

・膝の筋肉や靭帯を痛めて、
反対の足でかばってしまう。

この様な原因が考えられます。

自己流の運動やストレッチでO脚が良くならない理由


O脚はパッと見ると膝が開いているだけの症状に思うのではないでしょうか?

しかし膝だけの問題ではなく、
足首や股関節、骨盤など他の部位も実はバランスを崩しています。

筋肉は形状記憶の性質があり、緩めてもすぐに元に戻ろうと働きますので、ストレッチの効果は20分程度と言われています。

と言うことは、動画などを見てO脚に効く運動やストレッチをしても、筋肉の性質とゆがみを整えていない部位の影響を受けて、
また元へ戻ってしまいます。

他の部位のゆがみをしっかりと整えてから運動やストレッチを行っていかないと、より良い効果が発揮されないのです。

予約フォームにて、
ご希望の予約日に空きが無い場合は、
LINEもしくはお電話にてお問い合わせください。

powered by crayon(クレヨン)